☆日時☆ 2021411

☆山域☆ 西上州 熊倉川

☆天気☆ 快晴

☆メンバー☆ 143(CL) 418() 420 435 1

☆コース☆

8:20 駐車地点~8:35 象ヶ滝~10:40熊倉川~12:36 995m二俣を左~13:25 稜線
     ~
13:30 「日本で海岸線から一番遠い地点」~15:05 余地峠~16:20 駐車地点

二日目の沢登りは一日目と違いとてつもなくハードな高巻きから始まった。落差30mの象ヶ滝を高巻くために、斜度45度以上の草付きのないガレ場を、そして上部は岩壁さえぎられているので、ロープを使いながら登りそして降りた。要した時間は実に2時間。入渓地点に出るのに2時間もかかってしまったのだ。ガイドブックには25分と書いてあったので、大幅な遅れとなってしまった...予定通り下山できるのか不安がよぎった。遡行は昨日と同様ナメとナメ滝が続く癒しの沢であった。995mの二俣を左に登り、稜線に出た後、5分くらい長野県側に下ると、「日本で海岸線から一番遠い地点」に到着した。ちょっとマニアックな場所だと思ったが、愛好家にはたまらない場所なんだろうなと思った。下山もまたハードで、地形図とGPSで確認しながら地図上の破線道を外さないよう歩いた。実際、メンバー同士協力しながらのルートファインディングであった。

P4117241
崩落個所

P4117246
象ヶ滝

P4117258
高巻き

P4117259
入渓地点

P4117263

P4117277

P4117282
高巻き

P4117301

熊倉川