富士山の東側にある毛無山は何回か登っているものの、これに連なる山々には行ったことがない。そこで、天子ヶ岳・長者ヶ岳・天狗岳の縦走、いずれも1300m超えの低山なので、まだ涼しいこの時期がいいのだろう。早朝、まずは天狗岳からの下山口となる巡視路分岐にマイチャリを置いて、天子ヶ岳の登山口に向かう。途中砂利林道を上がって行くと、コンクリのコーナーがあり、道幅広くここに停める。

P1010177

標柱に従い、急な尾根に取りつき、樹林帯を抜ける。

P1010178

そして溝になった登山道を上がり、下向きに咲く白い花を見つける。

P1010183

緩やかな登りとなり、右側には時々濃いピンクのツツジだろうか、きれいだ。

P1010184

P1010185

登山ルートと書かれた標柱を確認して、低い笹道をジグザグ、時期に岩混じりとなって来る。

P1010191

P1010194

足元に紫の花がかわいい。

P1010196

上稲小への分岐を過ぎ、今度は下向きに咲く桜だろうか、かわいい。

P1010200

P1010204

両サイドにコバイケイソウだろうか緑がきれいになり、天子ヶ岳山頂広場へ。

P1010205

瓔珞(ようらく)ツツジ伝説の看板がある。

P1010206

案内板に従い展望台に行って見るが、富士山は白いモヤの中。少し戻り、次は長者ヶ岳へ向かう。

P1010210

少し行くと、最高点と書かれた天子ヶ岳の看板。ここが本当の山頂のよう。

P1010212

岩ゴロの道を下って行くと、上佐野分岐となる。

P1010217


P1010218


緩やかに登っていくと長者ヶ岳山頂。

P1010221


P1010225


富士山の上部がきれいに見え、その下側には田貫湖。

P1010239

P1010227

ここは東海自然歩道となり、その立派な案内板もある。

P1010231


この山は、田貫湖から直接登って来る人が多いようで、短時間に10人ほど見た。自分は、毛無山への案内板に従い、先へ。

P1010240 1010229

目前には南アルプスが見えているようだが、ほとんど雲がかかっており残念。わずかに見えたのは、東岳なのか北岳なのか。。。

P1010256 (北岳?)

少し右に目をやると、毛無山が見えて来た。

P1010260 (毛無山)

細めの稜線を下って行くと、また下向きに咲く花が一輪、かわいい。

P1010262

P1010263

右側木の間からは、富士山の北側に並ぶ、王岳や鬼ヶ岳が見えている。

P1010264

稜線が狭くなったり広くなったり、途中左側木の間から南アルプスの白い山、間ノ岳かな。

P1010268

P1010272 (間ノ岳?)

下降分岐を過ぎ、天狗岳へ。可愛い表示があるが、ここからの眺望はない。

P1010287

昼食を取り、下降分岐まで戻る。ここから左におれ急な斜面を下る。

P1010289

徐々に傾斜が緩やかになり、鉄塔の広場に出る。

P1010293

ここからは富士山の上部がきれいに見える。

P1010294

最初は次の鉄塔目がけ、樹林帯の中をしばらく下り、林道に出た。

P1010296

P1010299

ここには、木株に青テープが巻かれてるだけ。

P1010303

工事現場の中通り、チャリ置き場に。早速チャリにまたがり、少し砂利道を下り、細いアスファルト道、田貫湖湖畔に出る。そこからは遊歩道を走り、右側には、歩いてきた天子ヶ岳や長者ヶ岳が見えてるよう。

P1010307

車道をしばらく下り、途中から砂利の林道。時々ある登りはチャリを押して、駐車場に到着。歩きだと2時間半かかるところを1時間で、ほとんどの下り道は乗ってるだけ、やっぱりチャリは便利。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  天子ヶ岳・長者ヶ岳・天狗岳
★山行日 ★  2021年04月10日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345
★行程タイム★ 天子ヶ岳登山口06:30 -08:05天子ヶ岳 -08:30上佐野分岐 -08:50長者ヶ岳 -10:15天狗岳 -10:55鉄塔 -11:30巡視路分岐 =(自転車)= 12:30天子ヶ岳登山口