宝剣岳は何回か行っており、そこを抜けるとき西側に見える三ノ沢岳は気になっていたが、ちょっと寄るには工程長く、改めて行って見ることにした。そして、天気安定しない中、やっと晴れの予報に当たり、決行。

前日、駒ケ根のバスセンター駐車場へ、寝ているとどんどん入って来る車で賑やかに、3時前に外に出て見ると、バス亭の前には物置きによる長蛇の列。始発は5:15なのに、どうも2時前から並び始めたよう。そして早速、自分も物置き列並び、そしてチケット売りは別並び。

5時前から臨時バスが動き始めたが、駅から来る定期バスは満員で素通り、始発となる臨時便の4台目くらいにやっと乗れ、5:45。その後もロープウエィにしばらく並び、千畳敷に着いたのは6:50となってしまい、通常始発に乗った場合に比べ1時間遅れ。後で聞いたところによると、3時間以上待った人もいたようだ。

当日は気温も下がり、千畳敷で10度フリースとダウンを着てのスタートとなった。この時間は登山者多く、そのほとんどは乗越浄土方面に行くが、自分は神社左側より登山道に入り、極楽平を目指す。

大石の道には丸太のステップもあり、左手下方には街並みの向こう側に南アルプスが見えてる。そして後方山横には八ヶ岳も。

P1040511 (八ヶ岳)

右側には宝剣岳が格好良く、その右側乗越浄土への急斜面には多くの人が登り始めてる。

P1040513

高度を上げ振り返ると、カールの中に赤いロープウエィ乗り場があり絵になる。

P1040515

チングルマの綿毛が沢山、足元には白いヤマハハコやイワツメグサがわずかに。

P1040518 (ヤマハハコ)

丸太ステップの傾斜もきつくなり、極楽平。

P1040520

P1040523

先には御嶽山も見え、三ノ沢岳も姿を現す。後方南アルプスの中央奥には富士山、右側に向きを変えると、なだらかな恵那山も。

P1040525 P1040530 (富士山)

P1040525 P1040533 (恵那山)

宝剣の方に向かう稜線歩き、三ノ沢岳に向かう稜線も見え始め、宝剣も近づき三ノ沢分岐。

P1040535

P1040538

ここからは左に見える三ノ沢岳へ。木曽駒の左奥には乗鞍岳。

P1040540 (乗鞍岳)

左側を見ると空木岳や南駒ケ岳も。登山道は一度大きく下りとなり、ハイマツ帯を抜けていく。

P1040549

徐々に青空が広がり、稜線歩きは気持ちがいい。

P1040558

足元にかわいいシラタマノキ、先に見える岩肌の小ピークは恰好いい。

P1040559 (シラタマノキ)

P1040560

左手下方には沢があるようで、水の音がしている。右手には御嶽山が大きくなる。

P1040565 (御嶽山)

岩場を大きく下ったり、トラバース気味に前に進む。

P1040566

再び左手には空木岳が大きくなり、繋がる稜線には以前お世話になった榎尾小屋がクッキリ。

P1040570 (檜尾小屋)

空木山頂にも人がいる。

P1040571

振り返ると岩肌の傾斜横に来た登山道が見える。

P1040573

歩いていると頭上に尖った岩があり、ちょっと登って見た。ジョーズのようだな。

P1040582

岩に付く緑の苔がきれい、周りの岩ピークも良く、緑の中にはキノコも発見。補助ロープのある岩急斜面となる。

P1040597

木曽駒方面を振り返ったり。先には山頂手前のピークしか見えなくなり、立派なケルンもある。

P1040604

斜面は緑の中に所々赤く染まったウラシマツツジがきれいだ。

P1040609 (ウラシマツツジ)

先に進むと二岐に、通常は左側のトラバース道のようだが、右側の岩尾根を行く。

P1040611

P1040614

山頂部は大きな岩ゴロとなり、三角点と横に小さな山名板が置いてある。

P1040638

P1040641

ここから、再度南アルプスで甲斐駒ヶ岳、北岳、赤石岳などを確認。

P1040616

P1040619 (甲斐駒ヶ岳)

P1040622 (北岳)

P1040627 (赤石岳)


そして空木岳をアップで。

P1040631 (空木岳)

反対側には北アルプスだが、大分雲が上がって来たようで、雲の合間から乗鞍岳や奥穂高岳、西穂高岳が見えた。

P1040644 (西穂高岳・奥穂高岳)

そして、木曽駒ケ岳への稜線見て、木曽駒ケ岳や宝剣岳をアップで、ここにも多くの人がいる。

P1040646

P1040648 (木曽駒ケ岳)

P1040650 (宝剣岳)

岩の上でゆっくりランチ、次々と人は登って来て、縦走の途中で立ち寄った人もいた。チングルマを見ながら、下山に入って行くと、目前に木曾駒や宝剣の山々が連なり、すばらしい。この山に来ないと見れない景色に感動。

P1040654 (チングルマ)

P1040656

ケルンを過ぎ、岩場でちょっと楽しみ。

P1040664

来た道を戻って、最後三ノ沢分岐への登り。分岐から宝剣岳を抜ける予定であったが、ガスり始めその登山道に数珠つなぎになった登山者、そして帰りのロープウエィは遅くなると混みそうなこともあり、登って来たルートを下ることに。

乗り場で少しゆっくりしていると、アナウンスで整理券を配り始めたとか。慌てて整理券ゲット、何とか30後に乗れたが、混むと3時間待ちもあるらしい。ここは観光客も多く、連休なので特に多いようだ。

★山行形態★  個人山行
★山名  ★  三ノ沢岳
★山行日 ★  2020年09月21日
★天候  ★  晴れ
★参加者 ★  345
★工程タイム★ 千畳敷06:55 -07:30極楽平 -07:45三ノ沢分岐 -09:45三ノ沢岳10:45 -12:55三ノ沢分岐 -13:05極楽平 -13:35千畳敷